麻はスーパーGOODマテリアル! | ALINA KUKKA ONLINE

STORYALINA KUKKAのお話

2020/01/12 12:11


近年注目素材の麻は、古来日本でもよくつかわれている素材でした。
日本古来の麻布(上布)は、麻の細い糸を産地の独特の技法で織り上げ加工した高級な麻布です。
よく耳にする越後上布、近江上布、能登上布、宮古上布などですね。
これらは麻の中でも苧麻・ラミーといわれるものを使用しています。

現在日本で流通されている繊維の麻は亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)、大麻(指定外繊維)です。
麻は繊維に、微細な穴が無数になる多項構造を持つことから、
吸水性、速乾性、さらに調湿性にすぐれています。
なんと吸水性に関しては綿の4倍!

さらに、UVカット性、消臭性、抗菌性もあり、汚れにくく、
汚れても繊維に含まれるペクチン効果でしみこみにくいので汚れが落ちやすいのです。
汚れのつきやすい、キッチン回りはもちろんのこと、
お餅やパンなどをリネンで包んでおくとカビの発生も防げるそうですよ。
普段着る洋服や日焼け防止のストールなどもこういった効果がもたされます。


食の分野でもヘンプシード(麻の実)がスーパーフードとしても注目を浴びています。
良質のたんぱく質、脂質を適切にとることができ、ミネラルも豊富で、
ヘンプシードには必須アミノ酸9種類やすべて含まれており、アレルギーの可能性も少なく、
農薬や遺伝子組み換えの心配もほとんどないそうです。

栽培に関しても、農薬を必要とせず、成長も早く、輪作が可能なうえ、土壌が改良されるため、やせた土地の改良にも役立ち、
不良土でも育つという、なんとも、環境にとても優しい植物です。

とても優秀な麻素材ですが、アリナクッカであつかう麻素材はフラックス(亜麻)。
他の麻よりも風合いの柔らかさと、さらっとしとしていて肌触りがよい、独特のしなやかさとシャリ感が、
使い込むほどに、柔らかさを増していく、長く愛着の持てる素材です。
またフラックスは発色がよいので色を楽しめます!微妙な色目もきれいに染まります。
また、羽毛がすくないので、キッチンクロスでグラスをふくと、繊維に含まれたペクチン効果で、よりキレイになりますよ。

よく麻のチクチクが苦手、、、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
フラックスはチクチクしません。。。

清潔に使えて、
洗濯も比較的簡単、
丈夫で長持ち、
使えば使うほど風合いが増してくるリネン

は暮らしの中で使うのに適した素材です。
お洋服はもちろん、キッチンやリビング、寝室などにもリネンのある生活を取り入れてみませんか?